すぐ回答!無料お悩み相談受付中

2016/5/12  愛知県一宮市 男性

中学時代から歯周病と言われましたが、知識もなく歯を磨いていれば大丈夫だろうと思い、約二十年ほど放置していました。
現在前歯の歯茎も下がり不安になってきています。
歯周病の治療は今からでも間に合いますでしょうか?
治療としてはどの様なことがあるのでしょうか?
今の歯医者では禁煙を言われましたが、
現在禁煙は考えておらず、仕事も不規則なため規則正しい生活も遅れません。
歯医者も交通の便が悪く変えようと思っていますが、こちらのホームページを見て一人一人に合った治療をしていただけるとの文面をみてこの自分でも大丈夫なようならと思い文をしたためました。
今後も自分の歯で生活していきたいので解答よろしくお願いします。

回答

こんにちは!ちあきの歯医者さん磯村歯科医院 副院長の今川直樹です。
ご連絡誠にありがとうございます。
勿論ご自宅でのブラッシングや禁煙はとても重要ですよ。歯周病は慢性の疾患であり病態が非常に様々で、放置して改善する事はありません。
治療する事で進行をくいとめる事は可能です。
治療の方法ですが、歯周治療は大きく分けて
1:物理的
2:化学的
3:生物学的
なアプローチがあります。
1:のメインはスケーリング、ルートプレーニングといい口腔内の歯周歯石や細菌、感染性の不良肉芽等の除去を行います。これは衛生士のスキルがとても重要で、当医院では特別なプログラムを終えた衛生士が常駐しています。
2:のメインはタンパク分解型の除菌水による洗口、ポリリン酸を用いた組織再生、抗菌剤や抗真菌薬の使用、機能水を用いた組織誘導等です。
3:のメインはロイテリ菌の摂取です。これは口腔内常在菌の細菌叢をコントロールする事を目的としています。
これらの中から患者さん毎に合わせて処置を組み立てるのですが、自費の内容も含まれており、歯周治療はとても複雑で専門的です。口でお話してもかなりのボリュームになりますので、ご来院いただければより詳しい内容をご相談させて頂きます。
何卒宜しくお願い致します。

お悩み相談受付フォーム

磯村歯科医院院長 磯村礼子先生がお悩みにお答えします。セカンドオピニオンとしてもご利用ください。 必要事項をご記入の上、メールを送信するボタンを押してください。また、質問の内容によってはご回答出来ない場合や、ご回答が遅れる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

お読みください。

※ご投稿いただきました内容は、個人情報を除き、当関連サイトに掲載させていただく場合がございます。予めご了承の上、投稿ください。また、ご記入頂きました個人情報は、守秘義務上、外部に漏れることは一切ございません。
※記入・選択漏れがございますと回答できませんので予めご了承ください。
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
お名前*
性別*
郵便番号
住所*
相談内容*
*は必須項目です。