ニュース

ニュース

きれいな水の歯医者さんー院内感染対策

当院は院内感染対策に力を入れています。
院内感染とは、(患者さん⇔患者さん)間や(医療従事者⇔患者さん)間で感染を起こさない様にする取り組みです。目に見えないトコロまで一生懸命やる、それが安心・安全の基本です。
厚生労働省は、院内感染対策に関し基準を満たした施設だけを歯科外来環境体制加算施設と認めているのですが、当院はこの「歯科外来環境体制加算施設」の認定を頂いています。

きれいな水の歯医者さん

歯医者では、治療の合間のうがいで水を口に含みます。他にも、歯を削るタービンという機械でも水が使用されます。
基本的にこうした水は水道水が使われています。
水道水の細菌数は水道法で厳格に定められています。しかし、歯科設備は複雑な構造で、滞留した水に細菌が繁殖しやすい環境となります。
特に給水系チューブの内面には、「バイオフィルム」と呼ばれるネバネバした細菌の集合体ができ、治療に使用する水が汚染されてしまうのです。

当院ではこうした汚染水の問題をクリアするために、エピオスシステムを導入しています。
このエピオス(次亜塩素酸水:HCLO)というのは、連続殺菌治療水システムの事です。

エピオスシステムエピオスシステムで作られるエピオスウォーター(POICウォーター・ポイックウォーター)は、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と「食塩」を混合し電気分解した、薬品などを全く使用しない殺菌水のことです。
当院では皆様に安心・安全な治療、予防を提供出来るよう、ポイックウォーターをうがい・手洗いはもちろん、歯を削るタービンから出る水などの治療水として、診療室全体に殺菌水を使用し、万全な院内感染対策を行っています。殺菌水はHIV・MRSA・季節性インフルエンザ・新型インフルエンザ・肝炎・黄色ブドウ球菌など、ほとんどの細菌・ウイルスを瞬時に殺菌できる機能水です。

治療における感染の心配

親知らずの抜歯やその他での理由での抜歯、歯周病治療など出血をともなう治療の場合、エイズ、B型肝炎、C型肝炎、エボラ出血熱など、リスクは大きく上昇します。
これは患者さんだけではなく、院内スタッフへの影響も心配されている重大な問題です。
そして、外科処置を行う場合、治療に使用する水に細菌は1つでも存在してはいけません。
でも、ご安心ください。私たちはエピオスを導入していますので、日常の治療も、外科的処置もインプラントの手術もいつも清潔な水を使用しています。

最新の設備で安心・安全、水のきれいな歯医者さん

当院では、厚生労働省指定機関からの検査を受けています。
そして、厳しい認定基準「細菌ゼロ」をクリアし「歯科治療水安全施設」に認定して頂いています。
この検査は定期的に行われ、常にきれいな水の歯医者さんとして安心安全を提供しています。
きれいな水の歯医者さんきれいな水の歯医者さん

歯も健康も守る。毎日のケアが大切!

歯医者さんは「虫歯になったら行く場所」ではなく、「虫歯にならないために行く場所」です。
口は本来、多くの栄養を体に取り込むための場所です。栄養が集まるという事は、細菌も集まりやすいという事。口の中が汚れていると、虫歯や歯周病、全身に係る様々な病気につながるリスクを秘めていると言われます。だからこそ、日頃からの口腔ケアがとても大切になるのです。