小児歯科

虫歯の治療

お子さんの天然の歯をいつまでも使い続けるために

虫歯のレベルを図るレーザー光で歯質変化を測定し、初期虫歯とそうでない場合の境目を明確に判断し、本当に必要な治療のみを行う事を心がけています。

また、 う蝕検知液(虫歯になってしまった部分だけを色に染めて、健康な部分との区別がつくようにする薬)を使うことで、細菌に感染した歯質は取り残しがないように、また過剰に削らないよう必要最小限の治療を行います。

お子さんの予防歯科

お子様の初めての定期健診の時期は「2.5~3歳頃」がオススメです!

お子様の初めての定期検診は、乳歯が生え揃う2.5歳~3歳頃にすることをお勧めしています。

虫歯になり、歯を削るとなると、お子様は歯医者がとても嫌いになります。

少なくとも半年に一回の定期検診を受けて、お子様を虫歯から守りましょう!

虫歯リスクが高い方向けのフッ素塗布

当院ではフッ素の為害性を考え、積極的なフッ素塗布は行っていませんが虫歯のリスクが高いお子さんには、ハミガキ指導、おやつ指導と共にフッ素塗布を行っています。

シーラント(溝埋め)

シーラントとは、奥歯の溝を、虫歯になる前にフッ素を放出するお薬で埋めてしまう簡単な方法です。

特に溝が深くて複雑な6歳臼歯の虫歯予防に効果的です。

永久的なお薬ではありませんので、口腔状態により、定期的にやり直す必要があります。健康保険適用。

キッズルームがあります!

どんぐり保育所サービス概要

広めのキッズルームを完備しております。診察室の中からキッズルームが見える為、お子様連れのお母様も安心いただけます。

●歯医者さん検定

歯医者さん検定
歯医者さん検定

当院では、小学生以下の子供さん達が頑張って治療を受けることが出来るように 『歯医者さん検定』を行っています。

上手に治療を受けることが出来たら3点、 受けることが出来なかったら1点…と スタンプを集めて【レベル7】の達人まで目指します!ゴールまで行くと、賞状がもらえますので 是非やってみて下さいね♪

虫歯になりやすいおやつとは?

皆さん、知っていますか??

実は・・・・幼児期の必要なカロリーって、お母さんとそんなに変わらないんですよ!

ただ、1回の食事がお母さんほど食べることが出来ません。

また成長期は、お母さんより多くカロリーが必要なんです。

ですから、それを補うのが『おやつ』なのです。

そう考えると、『おやつ』は栄養になる物がいいですよね!

写真にある絵は「虫歯になりにくいおやつ」「虫歯になりやすいおやつ」です。

「虫歯になりやすいおやつ」=歯にひっつきやすい!!糖分が多い!!要注意です。

たまに食べるのは良いですが、毎日食べるのは控えた方がいいですね(^^)