一般歯科・虫歯治療・入れ歯について

虫歯治療について

初期虫歯の診断に(ダイアグノデント)

初期虫歯に関しては、目で見て診察し、治療の必要性を判断するのですが、それに加え、当院では「ダイアグノデント」を利用する事で、レーザー光で歯質変化を測定し、初期虫歯とそうでない場合の境目を明確に判断することができます。その事により、本当に必要な治療のみを行う事が可能になりました。「患者様の為に最適な治療を!」と、いつも考えております。

虫歯検知液(カリエスチェッカー)

虫歯検知液を使用する事で、歯質に虫歯菌が感染しているかどうかを判別することが出来ます。

虫歯を取り残すと再発につながりますし、必要以上に歯質を削り過ぎるのもよくありません。

歯の質が薄くなり、歯が弱くなります。神経を残す覆髄法という方法では、歯髄を守るために”わざと”虫歯の一部を残し、覆髄剤を作用させ、菌の減少と軟化象牙質の硬化を図り、歯髄を守る処置も行います。

MTAセメント

MTAセメント

歯の神経の近くまで虫歯が進んでしまったが、「できれば神経を取りたくない」

こうした患者様のご希望にご案内しているのがMTAセメントを用いた治療です。

MTAセメントの成分は主に歯の成分に含まれるカルシウム系の成分です。

MTAセメントは細菌を殺菌したり、歯を再生させたり穴の空いた歯の部分を埋めたりすることのできる新しい薬です。

強い殺菌力、高い封鎖性、生体親和性、親水性により、今まで治療が難しかった深い虫歯や亀裂の入った歯を救うことが出来るようになりました。

MTAセメント

従来の治療法より、効果的な結果が出ていることは証明されていますが、MTAセメントは万能な治療法ではありません。MTAセメントを使用しても歯の神経が死んでしまったり、根の先に膿が出来てしまう事もあります。こうした場合には神経治療や抜歯治療で対応致します。

*MTAセメントは非常い高価な材料であるため、保険診療内の治療薬剤には認められていません。保険適用外診療となります。

「なるべく歯を削らないでください。」と希望される患者様へ

当院では必要以上歯は削らないように努力します。

しかしながら、どうしても治療を行う上で歯を削る必要が出てくるケースがあります。

歯を削る量が極端に少なければ、その上に被せる被せ物や詰め物が通常より薄くなるため、耐久性が無く破折などの原因になります。虫歯治療を行うにあたり必要量の歯は削る事になります。

削る前には、前もって説明をさせていただきますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

入歯治療について

入れ歯って本当に難しい治療なのです。

お口の中に残っている歯の本数や状態、粘膜の状態、唾液の分泌量も大きく関わってきます。

「気持ち悪いから、小さくしてして下さい。」
「痛いからもっと削ってください。」

こうしたご要望はよくあります。

ですが、入れ歯は小さくすれば問題が解決するわけではありません。

小さくすれば、口の中での入れ歯の存在感は多少減るかもしれませんが、安定が悪くなってしまう事もよくあります。

入れ歯の本来の目的は、失ってしまった歯に代わって

・食事をするために咬む。
・笑顔の回復、審美回復
・発音の回復(歯が無いと息が漏れて発音が悪くなります) など

こうした機能回復を行う為には、しっかりとお口に合った状態でなければなりません。

もちろん、大きすぎて気持ち悪くてはめられなければ意味がありませんが、当医院ではまずは、大きめの入れ歯を入れさせて頂くことが多いです。

もちろん、痛いところや咬みづらいなど症状が出てきます。

その後、状態に合わせて調整を繰り返し行いながら、お一人お一人のお口に合った入れ歯を一緒に作り上げていきます。

健康保険でお作り出来る針金の付いた入れ歯でもしっかりと咬める入れ歯になるよう、何度でも調整させて頂きますが、残っている歯の状態や唾液の分泌量によってはご満足いただけない場合もあります。

健康保険での入れ歯は、プラスチックで出来上がっている為、強度を確保するためにどうしても厚みのある入れ歯にもなってしまいます。

より目立たない、より快適な入れ歯生活をご希望される方には、自由診療にはなりますがご希望に応えられるような入れ歯のご提案も致しています。

入れ歯でお困りな方や、自由診療の入歯をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

より質の高い歯科医療の提供が可能に

今までは2次元のレントゲン写真しか撮影できませんでしたが、当院では3次元のCTデータによる診断が可能です。

埋伏歯(親知らず)の抜歯を行う際の神経と歯の位置関係の確認や歯根嚢胞また難治性の根管治療、歯根破折の診断や矯正治療、歯周病の治療などでもより正確な診断が可能となりました。

ドイツのシロナ社製の最新歯科用CTの導入により、従来よりも精度の高い診断ができることで、より質の高い歯科医療の提供が可能になりました。

患者様・歯科スタッフの連携

当院では、患者様のご意向を踏まえたうえで、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の三者が、それぞれの立場でお口の中を良くするための意見を交換し、患者様の希望する歯に仕上げていく方針をとっています。

歯の美しさの定義は人それぞれ異なります。患者様のご要望とお口の中の状態にあわせ、歯科医師、技工士とのカウンセリングを実施し、最適の方法を提案させて頂きます。

虫歯や歯周病にならないための予防治療へのこだわり

無農薬野菜や天然物のたべものっておいしいけど高価です。

なぜなら手に入れるのに困難か、もしくは手に入らないからです。

私は、お口も天然が一番と考えます。いくら高い治療をしても、天然にはかないません。

そしてその天然をいつまでも天然で使い続けるために必要なことが、虫歯や歯周病の予防処置やメンテナンスです。

皆様は「毛髪と歯と、どちらが大切ですか?」と尋ねると、たいてい「歯」と言ってくださいますが、「最後に歯科に行かれたのはいつですか?」と尋ねると「う~~~ん、○年前?」といった返事です。

一方美容院へは3ヶ月に一度は必ず行き、数千円のお金を使われます。身だしなみは大切ですものね。

でも、さっき歯の方が大事って言ったのに、この差はなんでしょう。

いくら美しくしていても、歯肉に炎症のあるお口元は、不衛生で不健康です。ぜひ美容院と同じようにお口に対する価値を上げてください。

また。良い状態のかみ合わせで生活するということは、ある特定の歯に強い負担をかける事のない生活を送る、すなわち“歯が長生きする”のです。私は大丈夫と思っている方達も実は・・・ということがよくあります。 歯並びの改善にご関心のある方は、一度おたずね下さい。

☆虫歯・歯周病予防にはTHP(トータルヘルスプログラム)が最適です!

矯正治療はこちらから