院内感染対策

院内感染対策

院内感染対策とは?

当院は院内感染対策に力を入れています。
院内感染とは、(患者さん⇔患者さん)間や(医療従事者⇔患者さん)間で感染を起こさない様にする取り組みです。目に見えないトコロまで一生懸命やる、それが安心・安全の基本です。
厚生労働省は、院内感染対策に関し基準を満たした施設だけを歯科外来環境体制加算施設と認めており、当院も認可申請中です。
一部実施している内容を紹介させていただきます。

「ポイックウォーター」での連続殺菌・治療システム

エピオスシステム

●エピオスシステム

当院では、エピオス(次亜塩素酸水:HCLO)での連続殺菌治療システムを導入しております。
エピオスシステムで使用する、エピオスウォーター(POICウォーター・ポイックウォーター)は、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と「食塩」を混合し電気分解した、薬品などを全く使用しない殺菌水のことです。

当院では皆様に安心・安全な治療、予防を提供出来るよう、ポイックウォーターをうがい・手洗いのみならず歯を削るタービンから出る水などの治療水として、診療室全体に殺菌水を使用し、万全な院内感染対策を行っています。殺菌水はHIV・MRSA・季節性インフルエンザ・新型インフルエンザ・肝炎・黄色ブドウ球菌など、ほとんどの細菌・ウイルスを瞬時に殺菌できる最新の機能水です。

歯科治療に使用する器具等を滅菌する機械「滅菌器」

滅菌器

ヨーロッパ最高基準の滅菌器『クラスB オートクレープリサ』は、真空ポンプを内蔵し、 今まで歯科が使用している滅菌器では滅菌出来なかった空洞のある器具など あらゆる種類の菌を安全に滅菌することが出来ます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

品名は『口腔外サクション「フリーアーム・アルテオ」』
フリーアームアルテオは、治療の時に患者様の口腔から飛散する唾液・血液・切削粉等を、 発生源から吸引捕集して院内感染を防ぎます。

患者さん毎に滅菌・パックされた器具

患者さん毎に滅菌・パックされた器具

院内感染について学んだスタッフの手により滅菌され、丁寧に一つずつパックし使用しています。

その他、実施している院内感染対策

その他、院内感染実施事項

・月に1度の診療前のデンタルユニット排水における微生物検査および残留塩素の検査
・診療前のデンタルユニット内の除菌処置
・診療終了後のデンタルユニット周囲の機器上の微生物汚染検査
・診療終了後のデンタルユニット周囲の機器上の微生物汚染処理
・問診票の作製