ベビー&チャイルドケアはじめました。

こどもにむし歯を作らない為に必要なたったひとつの習慣とは?

むし歯ができる子は3歳までに最初のむし歯ができます。

反対に3歳までむし歯をつくらなければ、その後もむし歯ができない可能性が高いのです。
だから、むし歯なしで育てるために一番重要な時期は3歳までなんです。

また「乳歯はいずれ抜ける歯だから、むし歯になってもいいじゃない!?」と
お考えの方もいらっしゃる方がいるかもしれません。

しかし、乳歯にむし歯がある子供は、永久歯のむし歯になる可能性が高いことが分かっています。
このような事実からも3歳までにむし歯を作らないことが一生むし歯なしで過ごすためには
まずもって重要な事なのです。

また、実際にはむし歯がすでにでき始めていても3歳児健診や保育園の健診では見つけられないことが多いのです。
このようなことから、3歳までに子供の歯を見るのが得意な歯医者さんでむし歯予防をしていくことが大切なのです。

具体的にむし歯予防ってなにをすればいいのでしょう?

ベビー&チャイルドケア
歯が生えてから2~3年間は、歯はむし歯に対する抵抗力が弱いのです。
だから、むし歯は3歳までに出来てしまうのです。
その時期にフッ素を使うことで歯自体が強くなります。

むし歯に対する抵抗力があがるのです。
3歳までにフッ素を正しく使ってむし歯なしを達成しましょう!

お子さんが小さいうちから上手にフッ素を使ってむし歯の無い子供に育てましょう

フッ素で強い歯
私たち親世代はむし歯予防には歯ブラシが一番重要であると教わってきました。
しかし「歯ブラシをしているのにむし歯になってしまった」と言う経験はありませんか?

日本のむし歯予防の教育は歯ブラシばかりが強調されてフッ素が重要視されてきませんでした。
その結果、フッ素が広がっている他の先進国に比べて日本はむし歯が依然として多いのです。

むし歯ゼロは本当に幸せな事です

一度治療した歯が数年するとまた虫歯になり治療を繰り返す
そうやって何度か治療するうちに、最初は小さい詰め物で済んでいたものが
いつの間にか大きな銀歯になっている経験はないですか?
こんな悲しい負のスパイラルを子供に経験させてくないですよね。

ベビー&チャイルドケアはじめました

健康保険でできるベビー&チャイルドケア

生えたての歯は、乳歯も永久歯もとてもむし歯になりやすいです。
短めの期間で定期的なチェックやフッ素塗布をおこない、むし歯にならないお口を育てましょう。
定期チェックは健康保険内で行えます。
こどもの歯のご相談はお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる